今話題のnlpとは|コミュニケーションが上手になる

婦人

実践的な教育

ウーマン

2年制という特徴

言語聴覚士を目指すためには学校に通う必要があります。基本的に学校は2年制です。すでに1年次から実際の訓練を通じて充実した教育が受けられるので、言語聴覚士として役立つものをたくさん身に付けることができます。また、社会に出るまえに訓練の様子も見学することができます。専門学校によっては、校内に耳鼻咽喉科を設置してあるところもあるので、キャンパスにいながら臨床実習に参加することもできます。授業では常に臨床現場を見据えた指導を心がけているので、卒業生は大活躍をしています。いつも即戦力のある人材を育成しているので、より深い知識を得ることができます。国家試験の合格者も高いので実績を残している学校は非常に多いです。

現場で役立つ知識

言語聴覚士は実習をしなければスキルが身に付きません。言語聴覚士になるための専門学校に通うと入学をしたらすぐに臨床現場で活躍することができるので、専門的な知識を習得することができます。授業では臨床家としての自覚を養うための体験型授業に力を入れています。2年次になると現場で求められる臨床技術が身に付けます。このように常に現場で授業が受けられるので、学生から人気があります。場合によっては企業や医科大学など学外で実習や見学を行っています。ユニークな取り組みを行っている専門学校もあるので、学校によって年間スケジュールは違います。また、クラスメイトと協力をして予習や復習をする時間も充実しています。なので、とても充実した学生生活を送ることができます。